前へ
次へ

ペット葬を行う意義、ペットも家族の一員

ペット葬が現れたのは、近年からだと言われています。ペットを飼った事の無い人にとっては、ペットに葬儀は、理解しがたい内容だと思われるかもしれません。犬の脳は、人で言えば3歳ほどの知能があると言われており、人の心を感じることができる動物でもあるのです。ペット葬も含め、葬儀は、亡くなったものと生きているものとの両方のための儀式です。亡くなったものに対しては、魂が亡くなった事実を受け止める目的、生きているものに対しては、心の整理を行う目的が挙げられます。従来は、ペットが亡くなると、土に埋めたり、保健所でまとめて焼却していました。これは、家族の一員として一緒に暮らしていたペットに対し、心苦しい内容でもあったのです。あの世の世界は、心の世界だとも言われており、人の苦しい思いは、亡くなったペットにも心苦しい姿があるでしょう。ペット葬の意義は、人が最低限行える、ペットに対し、思いやりがこもった内容でもあるのです。この様な考えが社会に広がれば、ペット葬が多くの人々に対し、当たり前の様に広がっていくことでしょう。

Page Top