前へ
次へ

納得できるペット葬でペットと最期のお別れ

長い間も家族として一緒に暮らしてきたペットたちにも最期のときは訪れます。その時になって慌てないためにも、ペットを飼うときには葬儀のことも考えておくようにしましょう。人間の葬儀にもいろいろな形があるように、ペット葬にもいろいろな形があります。一般的なスタイルは、火葬してから共同墓地や個別のお墓に埋葬する形です。その他にも樹木葬などができる場合があります。まだ少ない例ではありますが、人間とペットを同じお墓にすることができるところもあります。ペット葬を扱う会社はたくさんありますが、ペットが生きている間から、どのような葬儀をしてあげたいかを考えておくことは大切なことです。ペットの寿命は長くなったと言っても、人間よりもずっと短いです。楽しく暮らしていても必ず別れは訪れます。その時になって慌てずに、納得のいく形でペットと最期のお別れができるようにしましょう。葬儀が終わってからも、遺骨をどのように埋葬するのか、また保管しておくのかいろいろな方法があります。ペット墓地の共同墓地に埋葬する方法、個別の墓地を作る方法、屋内墓地に遺骨を安置する方法、または自宅でそばに置いておく方法など多種多様です。一緒に暮らしてきた家族として、最期を納得いく形で見送ることができてこそ、楽しい思い出がずっと残ることでしょう。

Page Top