前へ
次へ

ペット葬を利用する人が増えています

ペット葬を利用する人は増えていて、犬や猫などいろいろな種類のペットに対応することができます。いろいろな種類があり、合同葬や個別葬、立会葬や特別葬などがあります。合同葬の場合、他家のペットと一緒に火葬される方法で、骨がまじりあうことになるので返骨などがありません。通常そのまま合同供養塔などの墓において共同で埋葬されています。個別葬の場合、ペットだけ預かり単独で火葬し骨壺に入れ、納骨堂に納骨したり返骨する流れです。立会葬の場合、飼い主もペット霊園に伺い人の葬儀と同じように火葬に立会いすることができます。骨拾いも行うことができ、火葬時間は1~2時間ぐらいで中には読経をしてくれるケースもあるでしょう。特別葬の場合、霊園の中にはクライアントの要望やニーズに合わせて、特別なペット火葬やペット葬儀などを利用することが可能です。お通夜葬や豪華な祭壇を設置するなど、いろいろな工夫を凝らしてクライアントの希望やニーズに合うペット葬を開催することができます。

Page Top